シモンズ ストリーム

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。 1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、 数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、, [1] 1969年、イングランドのサリー州ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカル・バンドを結成。, 1971年、シンガーソングライター 、フィリップ・グッドハンド・テイトのオーディションを受け、アルバム『アイル・ライト・ア・ソング (真実の心)(I Think I'll Write a Song)』にバック・バンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告を「Melody Maker」誌に出す。それを見たアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。, 1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年にMCAレコードよりデビュー・アルバム『キャメル・ファースト・アルバム(Camel)』を発表。, バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた。, 1974年、レコード会社をデッカ・レコード傘下の「デラム」に移籍。2ndアルバム『ミラージュ(蜃気楼)(Mirage)』を発表。, 1975年、アメリカの作家ポール・ギャリコの短編小説「スノーグース」を基にした3rdコンセプト・アルバム『スノー・グース(Music Inspired by The Snow Goose)』を発表。リリース後、全曲を演奏する公演も開催。後に、ロイヤル・アルバート・ホールで、 ロンドン交響楽団と共演し、全曲を演奏(この模様は後述の1978年のライブ・アルバム『ライヴ・ファンタジア(A Live Record)』に収録)。以後の公演でも本アルバムからの曲をセレクションしたメドレー(Selection From "THE SNOW GOOSE")を演奏しており、キャメルの代表作のひとつと言える。ただし、ポール・ギャリコ側が「スノーグース」の命名に難色を示したため、タイトル頭に"Music Inspired by"と付け加えて発表した。, 1976年、4thアルバム『ムーン・マッドネス「月夜の幻想曲(ファンタジア)」(Moonmadness)』発表。後日、諸問題からダグ・ファーガソンを解雇し、元「キャラヴァン」(CARAVAN)のリチャード・シンクレア(ベース)に交代。ゲストメンバーとしてメル・コリンズ(サックス)等を迎えて活動。, 1978年、6thアルバム『ブレスレス - 百億の夜と千億の夢(Breathless)』を発表。アルバム収録後、ピーター・バーデンスがラティマーとの軋轢から脱退し、キャメルに入る以前にも活動していたヴァン・モリソンのバンドに加わる。後任に元キャラヴァンのヤン・シェルハース(キーボード)、さらにツアーメンバーとしてやはり元キャラヴァンのデイヴ・シンクレア(キーボード)が参加。オリジナル・キャメルより元キャラヴァン・メンバーの比率が多くなり、『CARAMEL(キャラメル)』と渾名(あだな)された。, 同年、2枚組アルバム『ライヴ・ファンタジア(A Live Record)』を発表。初のライブ・アルバム。5thアルバム『雨のシルエット(Rain Dances)』までの、初期からのライブ録音から選んだ楽曲と、ロンドン交響楽団と共演し『スノー・グース』全曲を演奏したライブ録音を収録。, 1979年1月に初来日。ワールド・ツアー後、キャラヴァン再結成のためデイヴ・シンクレア、リチャード・シンクレアが脱退、さらにメル・コリンズも脱退。コリン・バスとキット・ワトキンスが加入。同年、7thアルバム『リモート・ロマンス(I Can See Your House From Here)』を発表。, 1980年1月に来日公演。アルバム一枚でキット・ワトキンスは脱退、代わりにダンカン・マッケイが加入。, 1981年、8thアルバム『ヌードの物語 - Mr.Oの帰還 - (Nude)』を発表[2](第二次世界大戦終戦後、フィリピンのルバング島で29年間投降しなかった、日本兵の小野田寛郎氏の当時の生活の模様等を書いた本を、1979年の来日時、アンドリュー・ラティマーが日本のプロモーターから贈られて読み、インスパイアされ制作されたコンセプトアルバム)。以降、後にラティマーの妻になる女流詩人 スーザン・フーヴァーが、コンセプト面の役割を担当。, 1981年、アルコール問題などでアンディ・ウォードが脱退。オリジナル・メンバーはアンドリュー・ラティマーのみとなり、以後、バンドそのものがラティマーのソロ・プロジェクトの性質を持つようになる。同年、9thアルバム『シングル・ファクター(The Single Factor)』を発表。, 1984年、ドイツの東西分裂(ベルリンの壁)をテーマとした10thコンセプト・アルバム『ステーショナリー・トラヴェラー(Stationary Traveller)』を発表。同年5月、キャメル結成20周年記念のライブを、ロンドンのハマースミス・オデオンで開催。元メンバーのピーター・バーデンスがゲストとして参加し数曲を共演。公演の模様は、『プレッシャー・ポインツ - キャメル・ライヴ - (Pressure Points)』として発売した。, 1984年、レコード会社等との間で契約問題(印税なども含む)関連の裁判になり、その影響で活動を休止する。結果はバンド側(アンドリュー・ラティマー側)に多くの主張が認められた。そしてラティマーは自宅を売却し、活動の拠点を北米に移して「キャメル・プロダクション」を設立。過去のアーカイヴや新規の音源、マネージメント事業などを自ら管理するようになった。, 1991年、旧メンバーのコリン・バスらが参加し活動再開。ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」をコンセプトにした7年ぶりの11thアルバム『ダスト・アンド・ドリームス 怒りの葡萄 (Dust and Dreams)』発表。翌年に来日公演。, 1996年、12thアルバム『ハーバー・オブ・ティアーズ 港町コーヴの物語(Harbour Of Tears)』を発表。翌年に来日公演。, 1999年、13thアルバム『ラージャーズ 別れの詩(Rajaz)』を発表。翌年に来日するが、以降は暫く途切れる。, 2002年、オリジナルメンバー ピーター・バーデンスが死去。同年、14thアルバム『ノッド・アンド・ウィンク(A Nod And A Wink)』を発表。, 2007年5月、ラティマーが1992年以降、骨髄線維症になっていた事を、妻のスーザン・フーヴァーが「キャメル・プロダクション」のウェブサイトで公表し、病気の進行状況の悪化により予定していたツアーを中止。同年後半に骨髄移植を受けた[2]。, 2008年9月、「彼は徐々に回復しており、音楽活動を再開する意欲を示した」との内容の文章を妻のスーザン・フーヴァーが、「キャメル・プロダクション」のオフィシャル・ニュース・レターに書いた。2010年頃から、音楽活動を徐々に再開。, 2013年10月、3rdアルバム『スノー・グース』を完全再現するライブ・ツアーを企画。キャメルの活動を再開した。2016年には、16年ぶりの来日公演を開催する[3]。, 1979年 Breathless Tour(ブレスレス・ツアー)(Japan Tour '79), 1980年  I Can See Your House from Here Tour(リモート・ロマンス・ツアー)(Japan Tour '80), 演奏曲目(1980年1月28日(月) 東京・中野サンプラザホール)(1980年1月の来日公演最終日), 1992年 Dust And Dreams Tour(ダスト・アンド・ドリームス・ツアー) *東京、大阪、名古屋でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。, 1997年 Harbour Of Tears Tour(ハーバー・オブ・ティアーズ・ツアー) *東京、大阪、名古屋、川崎でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。, 2000年 Rajaz Tour(ラージャーズ・ツアー) *東京、大阪でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。, プロレスラー/格闘家の前田日明は、試合の入場テーマ曲に『ヌードの物語 - Mr.Oの帰還 -』収録の楽曲「Captured(キャプチュード)」を使用していた。自身が持つプロレス技のオリジナル・スープレックスにも「キャプチュード」と名付けた。これは前田が若手時代に所属したプロレス団体「新日本プロレス」の試合中継を行なっていたテレビ朝日の制作チーム選曲担当が、プログレッシブ・ロックの楽曲をレスラー入場曲に数多く使用していた経緯で、前田の凱旋帰国の頃に「Captured」を採用したのが始まり。, キャメル・メンバーのアンドリュー・ラティマーは、来日の際、そのエピソードを聞かされ、今では認知をしている[2]。, 【インタビュー/後編】キャメルが2016年5月来日。アンドリュー・ラティマーが日本を語る, 【インタビュー/前編】キャメルが2016年5月来日。アンドリュー・ラティマーが日本を語る, CAMEL | full Official Chart History | Official Charts Company, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キャメル_(バンド)&oldid=78768233, キャメル初のライブ・アルバム、2枚組。LPのC面とD面にはアルバム『スノー・グース』全曲を、ロンドン交響楽団とロイヤル・アルバート・ホールで共演したライブ演奏を収録している。, 「キャメル」名義であるが、実質的には、ラティマーが豪華ゲストを集めて制作したソロ・プロジェクト・アルバム。, 1984年5月11日 ハマースミス・オデオンでの「キャメル」結成20周年記念のライブを収録。ゲストでピーター・バーデンスが参加し数曲演奏。(他にも、メル・コリンズも参加), ラティマーの祖母が体験した一家離散の悲劇を基にしたコンセプト・アルバム。アイルランドの伝統音楽の影響を受けた、美しいメロディが特徴的。, ダグ・ファーガソン (Doug Ferguson) - ベース (1971年-1977年), キット・ワトキンス (Kit Watkins) - キーボード (1979年-1981年), デヴィッド・ペイトン (David Paton) - ベース (1982年-1984年), ポール・バージェス (Paul Burgess) - ドラムス (1984年-1992年), ミッキー・シモンズ (Mickey Simmonds) - キーボード (1991年-1992年), デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - ドラムス (1997年-2000年), ガイ・ルブラン (Guy LeBlanc) - キーボード (2000年-2015年) R.I.P.2015年, 招聘元:ウドー音楽事務所 協力:キング・レコード 協賛:マックスウェル・ブレンディ, Nobody Knows(Jungle Fever)(演奏最初の途中、ベースアンプのトラブルで演奏中断。ベースアンプの復旧後、再度、演奏曲最初から演奏), 1979年(昭和54年)**月**日(*)  **:** - **:** NHK-FM「***********」 番組進行:渋谷陽一 ゲスト:**** (放送日時 番組名などの詳細は不明だが、一説によると、1979年夏頃に、同時期に来日した、, 1979年1月23日(火) 東京・新宿厚生年金会館大ホール 収録 (放送での、ライブ演奏楽曲の放送順は、実際の来日公演の演奏順ではない。ライブ録音放送中の「Tell Me」〜「The Snow Goose From "La Princesse Perdue"」では、『番組での「おせっかい」』(番組の解説中に、渋谷氏が紹介)として、演奏曲中に女性ナレーターによる「スノー・グース」の物語のナレーションがされている), The Snow Goos From Medley *放送される曲中にナレーションあり, Medley:Sleeper〜Supertwister〜White Rider *放送される曲中にナレーションあり, The Snow Goose From "La Princesse Perdue" *放送される曲中にナレーションあり, 1980年(昭和55年)4月20日(日) 21:00 - 21:55 FM東京「ゴールデン・ライブ・ステージ」 番組進行:, 番組冒頭、会場で流されたオープニング音楽をバックに、番組パーソナリティの青木誠による収録日、収録場所や、来日メンバー紹介と、合わせてステージ上での楽器の配置位置の紹介、番組前半に放送する曲目名紹介。(「Neon Magic」の後、CMが入る)CM後、BGMで「Uneven Song」(同日に収録のライブ録音よりと思われる、曲の中盤部分から)を流しながら、バンドの略歴、リリースしたレコードタイトルの紹介、番組後半に放送する曲目名紹介。. 野県>, ユニバーサル・スタジオ・ジャパン. シモンズのマットレスはここが違う!シモンズのマットレスは、一つ一つ特殊な不織布の袋で包まれたスプリングが並列した「ポケットコイル」。 「点」で身体を支え、体圧を分散。 身体の凹凸や重さに合わせてフィットし、自然な寝姿勢を保ちます。 全国 北海道 東北 関東 東京都 信越・北陸 東海 近畿 大阪府 中国・四国 九州・沖縄 アジア スペシャル 北海道 札幌グランドホテル 札幌プリンスホテル 旭川グランドホテル 旭川サンホテル 網走セントラルホテル いこいの湯宿 いろは イマジン ホテル&リゾート函館 運河の宿 おたる ふる川 シモンズ ぐっすり眠れて、朝から元気に。 質の高い眠りと目覚めをお届けする、シモンズのベッド。 秘密は、独自のテクノロジーで作り上げた「ポケットコイルマットレス」。 キャメル (Camel) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロック バンド。. ぐっすり眠れて、朝から元気に。質の高い眠りと目覚めをお届けする、シモンズのベッド。睡眠中の身体をしっかり支え、正しい姿勢を保つから、翌朝の心地よさが違います。 圧倒的な光沢感が全体から伝わる美しい食器棚。 近年、様々な場所でグランピングが楽しめる施設が続々とオープン!全国のグランピングが楽しめる宿をランキングでご紹介します。ラグジュアリーなテント、オシャレなコテージ、トレーラーハウス泊も!bbqや温泉を備えた宿も見逃せません。

大塚美容外科 看護師, 宝くじ 当選者 いるのか, 岐阜 宝くじ よく当たる人, 自己評価シート 製造業, グランドスラム 準優勝者, レガリア インシグニア, ソファー 値段 相場, 宝くじ 組とは, おじいちゃん俳優 脇役, 横浜ベイサイド グランドオープン, ヤマダ電機 掛川 統括, アサシンクリード 歴代, Youtuber 収入イライラ大学生, 床嶋佳子 画像, 坂本勇人 2000本 残り, ワークマン レディース, ルパン 新台 スペック, Uqモバイル 発送状況, Uqからau Sim, 松山 鷹志, ウォルフラム Ff11, アサシンクリードオデッセイ 主人公, 池袋ウエストゲートパーク あらすじ 小説, ワンピース イチジ 強さ, オフィスチェア 中古 アーロン, Big どこで買うと当たる, 吉田美和 年収, 原田将大 へずまりゅう, 駿河屋 メンバーズカード, 選ばれる女に なり なさい 試し 読み, ニトリ 弱点, イギリス 社交界 デビュー, オクトパストラベラー 声優 一覧, テレビボード 200, 怒ってる 彼氏 ほっとく, シーサ キレる ぺかる, 仮面ライダー 天井 パチンコ, Biglobe Wimax2+ Apn設定, 五木ひろし ブログ, メディカルケアサービス 2021, Google Play支払い承認されない, 宝くじ当たらないかな 口癖, アドリブ 2019 出演者, 三浦 春 馬 再放送予定, わん にゃん スクラッチ 9月, 津軽の花 楽譜, 中森明菜 ファンクラブ, ポジティブフィードバック 例文, ぷらら キャッシュバック 期限切れ, デンハム デニム, 大塚家具 インテリア相談 ブログ, プレステ5 ソフト ランキング, タイバニ 兎虎 漫画, ロト6 クイックピック ランダム, ニトリ 通販, メートル 漢字 由来,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です