ナダル 年収

年収. ラファエル・ナダル・パレラ(Rafael Nadal Parera カタルーニャ語: [rəfəˈɛɫ nəˈðaɫ pəˈɾeɾə] スペイン語: [rafaˈel naˈðal paˈɾeɾa], 1986年6月3日 - )は、スペイン・バレアレス諸島州マナコル出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス86勝・ダブルス11勝を挙げる。身長185cm・体重85kg。, グランドスラム優勝回数歴代1位タイ(20回)、

コロチキ・ナダルの本名や年齢や身長、経歴や今の年収は?アメトーク . 6-2, 7-6(4)で勝利し、5年ぶり4度目の優勝を果たした。ハードコートでのマスターズ制覇は2013年のシンシナティ・マスターズ以来のことである。そして、この大会の優勝の後、身体の休養を理由にシンシナティの辞退を発表した。迎えた全米オープンには第1シードで参戦。3回戦のハチャノフ戦でメディカルタイムアウトを取るなど膝の状態が不安視されたが順当に勝ち上がり、4回戦のニコロズ・バシラシビリ戦も勝利してベスト8に進出する。準々決勝ではクレーコートのライバルであるティームとハードで初対戦。第1セットを0-6で一方的に落としたもののそこから驚異の立ち直りを見せ、0-6, 6-4, 7-5, 6-7(4), 7-6(5)で4時間48分に及ぶ戦いを制した。続く準決勝ではデル・ポトロとグランドスラムで3大会連続相まみえることとなったが、2セットを先行されたところで膝が限界を迎えて棄権、自身初の全米連覇は叶わなかった。, その後アジアシーズンは前述の負傷により全休。パリ・マスターズもエントリーこそしたものの大会前に棄権、ATPファイナルズも辞退を表明しシーズンを終了した。この間にジョコビッチが世界ランキング1位に返り咲いたため、年間最終ランクは2位。, 出場予定だったブリスベン国際をスキップし万全を期して挑んだ全豪オープンでは、3回戦でアレックス・デミノー、準々決勝でフランシス・ティアフォー、準決勝でステファノス・シチパスと期待の若手を次々と倒して全試合ストレート勝利で決勝進出。しかし決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチに3-6, 2-6, 3-6と完敗、2年ぶり4度目の準優勝に終わった。BNPパリバ・オープンの準決勝を右膝の負傷で棄権すると、マイアミ・オープンは欠場。, 復帰戦のモンテカルロ・マスターズでは準決勝でファビオ・フォニーニに4-6, 2-6で敗れ、大会4連覇・12回目の制覇を逃した。試合後、「クレーでは過去14年で最悪の試合の一つだった」と語った[9]。続くバルセロナ・オープンではドミニク・ティームに、マドリード・マスターズでは対戦成績無敗のステファノス・チチパスに敗れクレーの大会でまさかの3大会連続準決勝敗退となった。全仏オープンの前哨戦であるローマ・マスターズでは不調から脱し、全試合ストレート勝ちで決勝に進出、決勝では世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを6-0, 4-6, 6-1で下し今シーズン初の優勝を果たした。迎えた全仏オープンでは、準々決勝で錦織圭を6-1, 6-1, 6-3のストレートで破ると、準決勝では最大のライバルでもあるロジャー・フェデラーを6-3, 6-4, 6-2で破り決勝進出。決勝では2年連続同一カードとなったドミニク・ティームに6-3, 5-7, 6-1, 6-1で勝利し、3連覇・12回目の優勝を果たした。, ウィンブルドン選手権は2月のメキシコ・オープンで敗れたニック・キリオスを2回戦で下すと、準々決勝ではサム・クエリーを破り2年連続でベスト4進出。準決勝では、ウィンブルドンでは2008年以来、11年ぶりの対戦となったフェデラーに6-7(3), 6-1, 3-6, 4-6で敗れ、全仏のリベンジを果たされた。ロジャース・カップでは、決勝でダニール・メドベージェフを6-3, 6-0と圧倒し、自身初となるハードコート大会での連覇を達成した。メドベージェフとは続く全米オープンの決勝でも対戦し、7-5,6-3,5-7,4-6,6-4の、全米決勝で最長となる4時間50分に及ぶ死闘を制し、4度目の優勝を成し遂げている。, アジアシーズンを全休し迎えたBNPパリバ・マスターズでは準決勝まで順当に勝ち上がっものの準決勝のデニス・シャポバロフ戦の直前に腹筋の炎症により棄権、最終戦のATPファイナルズの出場に不安を残す形となった。迎えた最終戦は2勝1敗ながらラウンドロビン敗退に終わったが、フェデラー、ジョコビッチと並ぶ通算5度目の年間1位が確定した[10]。, デビスカップでは8試合に出場して全勝する大車輪の活躍で優勝に大きく貢献した[11]。, ATPカップは8試合に出場する貢献ぶりを見せたが、セルビアとの決勝ではジョコビッチに敗れ、チームも準優勝だった。全豪オープンでは4年連続ベスト8入りしたが、準々決勝でティエムに敗れた。2月下旬のメキシコ・オープンで優勝。その直後より新型コロナウイルス感染症流行の影響でツアーが中断に。中断期間にはフェデラーらとのライブチャットを配信した[12]。再開後も感染への懸念から全米オープンを含むアメリカの大会を欠場[13]。その後異例の時期に行われたクレーシーズンで復帰したが、初戦の9度制しているBNLイタリア国際では準々決勝でディエゴ・シュワルツマンに敗北した。, この年の全仏オープンは普段と季節の異なる9月に開催されたため、「寒さ」という新たな敵が出現した。さらには、今大会からボールがバボラ社製からウィルソン社製に変更され、ボールが重くなってスピンがかけにくくなり、スピンボールを多用するナダルにとって不利な条件下での戦いを強いられた。それでも、全仏オープンでは準々決勝まで全試合ストレートで勝ち上がると、準決勝では前哨戦で破れたディエゴ・シュワルツマンに6-3,6-3,7-6(7-0)で快勝。その後のジョコビッチとの決勝戦では、6-0,6-2,7-5のスコアでジョコビッチを圧倒し、前人未到の全仏オープン13度目の優勝。2017年全仏オープン以来の失セット数0での優勝となった。この勝利で、ツアーマッチ通算999勝目、クレー通算タイトル60勝目、全仏オープンマッチ通算100勝目、自身3度目の全仏4連覇を達成した。また、グランドスラム通算20勝目となりロジャー・フェデラーと並んで歴代1位に浮上した。, 強烈で重いトップスピンのグランドストローク、速く持続力のあるフットワーク、そして粘り強い守備を武器にしたアグレッシブ・カウンターパンチャー。高い予測能力で一見届かないと思われたボールも打つことができる守備力を持つ。また、重いトップスピンで相手を後方に追いやった後のドロップショットも武器。[14], 非常にスイングスピードが速く、通常のラリーの中から一発でウィナーを取れるだけのパワーを持っている。低い打点からボールを引きつけ完璧な構えから打つことで全身のパワーを乗せることができ、効率の良い身体の使い方と天性のバネにより、抜群のスイング・スピードを生み出している。[15], ストロークにおいてとりわけ異彩を放っているのは、スピンとスピードが他の誰よりも高次元で両立していることである。ナダルは高低差の激しいボールを打つがそのショットはスピードにあふれ、かつバウンドは極端に高く弾む。テイクバックは小さめでコンパクトなスイングでハードヒットしているため、クレーコートの遅くイレギュラーが多く良く弾むコートを非常に得意としておりリターンにも強い。[16].
加えて男子7人目のキャリア・グランドスラムおよび男子2人目の「キャリア・ゴールデンスラム」を達成。これは、グランドスラムのオープン化以降3人目で24歳3か月での達成は史上最年少の記録である。, 2010年10月の楽天ジャパン・オープンで初来日し、準決勝でビクトル・トロイツキにマッチポイントを握られながらも、7-6, 4-6, 7-6で制した。決勝ではガエル・モンフィスに6-1, 7-5で快勝して初来日を優勝で飾った。, 最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズで初めて決勝に進出したが、フェデラーに3-6, 6-3, 1-6で敗れた。, 4大大会4連続優勝を目指した1月の全豪オープンでは準々決勝でダビド・フェレールに4-6, 2-6, 3-6で敗れた。3月のインディアンウェルズ・マスターズとマイアミ・マスターズでは決勝でジョコビッチに敗れ準優勝となった。4月のモンテカルロ・マスターズではフェレールを6–4, 7–5で破り、オープン化以降では史上初となる同一大会7連覇を達成した。5月のマドリード・マスターズ、ローマ・マスターズでも決勝に進み、史上初めてATPワールドツアー・マスターズ1000で5大会連続決勝進出という記録を達成したが、またしてもジョコビッチに敗れた。, 全仏オープンでは、決勝でフェデラーを7-5, 7-6(3), 5-7, 6-1で破り、全仏ではビョルン・ボルグに並ぶ6回目の優勝を飾った。, ウィンブルドンでは、決勝でジョコビッチに4–6, 1–6, 6–1, 3–6で敗れ、大会2連覇は成らなかった。全米オープンでも決勝でジョコビッチに2–6, 4–6, 7–6(3), 1–6で敗れ、2011年のジョコビッチ戦に6戦全敗となってしまった。 楽天ジャパン・オープンで2年連続で来日したが、決勝でマリーに6–3, 2–6, 0–6で敗れ連覇を逃した。, 全豪オープン決勝では、昨年のウィンブルドン決勝から3大会連続でジョコビッチと対戦となり、7-5, 4-6, 2-6, 7-6(5), 5-7で敗れ、3大会連続で4大大会優勝を逃した。この試合は、グランドスラムの決勝史上最長となる5時間53分に及んだ。, 4月のモンテカルロ・マスターズでは決勝でジョコビッチを6-3, 6-1で破りジョコビッチ戦の連敗を7で止め大会8連覇を果たした。全仏オープン決勝では、再びジョコビッチとの対戦となり、6-4, 6–3, 2–6, 7–5で破り3年連続7度目の優勝を果たし、オープン化以降ではビョルン・ボルグを抜き、全仏オープン最多優勝記録を更新した。, しかし、続くウィンブルドンでは当時ランク100位のルカシュ・ロソルにフルセットの末敗れ、2005年以来7年ぶりの2回戦敗退となった。大会後、膝の怪我によりロンドンオリンピック出場を断念し、開会式のスペイン選手団の旗手も辞退した。その後も怪我が回復せず、全米オープン、上海マスターズ、パリマスターズ、年間最終戦も欠場し年後半戦の主要大会全てを欠場することとなってしまった。, 全豪オープンは胃の感染症を理由に欠場。2月、復帰初戦のVTRオープンでは単複ともに決勝まで進出するも、シングルスでは世界ランク73位のオラシオ・セバジョスに7-6, 6-7, 4-6で敗れるなど、どちらも準優勝に終わった。翌週のブラジル・オープンで復帰後初優勝を飾ると、アビエルト・メキシコ・テルセル、BNPパリバ・オープンで優勝。ヨーロッパクレーシーズンは、モンテカルロ・マスターズ決勝でジョコビッチに2-6, 6-7で敗れ大会9連覇とはならなかった。しかしその後のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル、マドリード・マスターズ、BNLイタリア国際の3大会で優勝。復帰してから全仏オープンまでで出場した8大会全てにおいて決勝進出し、そのうち6大会で優勝するなど完全復活を果たす。, 全仏オープンでは、準決勝で第1シードのジョコビッチに6-4, 3-6, 6-1, 6(3)-7, 9-7、4時間37分に及ぶフルセットで勝利し、決勝ではフェレールをストレートで下して大会2度目の4連覇と8度目の優勝を達成。グランドスラム1大会における8回の優勝は史上初であり、また、ギリェルモ・ビラスが保持していた全仏オープンでの最多マッチ勝利数を更新する59勝目を挙げた。, ウィンブルドンでは、1回戦で当時世界ランク135位のスティーブ・ダルシスに6-7, 6-7, 4-6で敗退してしまう。ナダルが4大大会初戦で敗退するのはプロ転向後初めてのことだった。しかし、その後の北米ハードコートシーズンでは好調さを取り戻し、ロジャーズ・カップでは決勝で地元勢のミロシュ・ラオニッチを、翌週のシンシナティ・マスターズでも決勝で地元勢のジョン・イズナーを下し、ハードコートのマスターズ大会で2週連続優勝を果たした。, 全米オープンでも決勝に進出。ジョコビッチに6-2, 3-6, 6-4, 6-1のセットカウント3-1で勝利し優勝。歴代単独3位となる4大大会13勝目を挙げた。その後のチャイナ・オープンでは決勝でジョコビッチに敗退。上海マスターズ、BNPパリバ・マスターズでは、デルポトロとフェレールにいずれも準決勝で敗れた。, ATPワールドツアー・ファイナルズではラウンドロビン全勝で3年ぶりに決勝まで勝ち進むも、ジョコビッチに敗れ準優勝に終わった。それでも2013年は10大会で優勝し、3年ぶりにシーズンランキング1位に輝き[2]、自身初の年間勝率90%超えを果たした。また1シーズンにおける獲得賞金が1,456万915ドルにのぼり、前年度のジョコビッチの記録を上回る歴代最多記録を更新した。, 年初にカタール・エクソンモービル・オープンで優勝し通算61勝目を挙げた。続く全豪オープンでは、失セット数1と安定したプレーで決勝に進出。決勝では4大大会初の決勝進出を果たした第8シードのスタン・ワウリンカと対戦。過去12戦全勝と相性の良い相手ではあったが、試合中に負った怪我の影響や、ワウリンカの攻撃的なプレーに屈し3-6, 2–6, 6-3, 3-6で敗退し準優勝に終わった。2月開催のリオ・オープンでは、決勝でアレクサンドル・ドルゴポロフを破り優勝。3月、BNPパリバ・オープンでは3回戦でドルゴポロフに、マイアミ・マスターズでは、決勝でジョコビッチに敗退した。クレー・シーズンではモンテカルロ・マスターズとバルセロナ・オープンの2大会では、過去9年間決勝進出を逃したことはなかったが、両大会とも準々決勝で敗退した。マドリード・マスターズでは決勝まで勝ち進み、錦織圭の途中棄権により4度目優勝を果たした。ローマ・マスターズでは決勝でジョコビッチに敗退。, 全仏オープンでは決勝まで進み、キャリアグランドスラムを狙うジョコビッチを3-6, 7-5, 6-2, 6-4で破り、全仏5連覇と9度目の優勝及びピート・サンプラスに並ぶグランドスラム14勝目を挙げた。芝シーズンでは振るわず、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで初戦敗退、ウィンブルドンでは4回戦でニック・キリオスに敗退した。その後の北米マスターズ2大会と全米オープンは手首の怪我により欠場することとなった。10月チャイナ・オープンで復帰を果たすが、上海マスターズ、スイス・インドアを含め3大会で準決勝までに敗退した。ATPワールドツアー・ファイナルズは虫垂炎の手術により欠場を表明した。, 1月はカタール・エクソンモービル・オープンダブルスで優勝。第3シードで出場した全豪オープンでは準々決勝でそれまで17連勝していたトマーシュ・ベルディハに敗北。2月のリオ・オープンでは準決勝でファビオ・フォニーニに逆転負けを喫した。3月はアルゼンチン・オープンで優勝。BNPパリバオープンではミロシュ・ラオニッチに敗れベスト8。マイアミ・マスターズ直前の練習で足首を捻挫するも大会に出場。同じスペイン人選手のフェルナンド・ベルダスコに敗れる。第3シードで出場したモンテカルロ・マスターズは準決勝でジョコビッチに敗れた。バルセロナ・オープンでは3回戦でまたもファビオ・フォニーニに敗れた。2連覇中のマドリード・オープンでは決勝に進出するもマリーに敗れた。5月11日に発表された世界ランキングで7位に転落し2005年5月2日以来10年ぶりのトップ5落ちとなった[3]。6大会連続決勝進出中のBNLイタリア国際では準々決勝でワウリンカに敗れた。これにより全仏オープン自身初となる第5シード以下での出場が確定。またモンテカルロ・マドリード・ローマのクレーコートマスターズ1000大会でいずれも優勝できないまま全仏オープンに出場するのも自身初となる[4]。, 迎えた全仏オープンでは第6シードで出場。準々決勝で第1シードジョコビッチと対戦。2人がグランドスラムのベスト8以下で対戦するのは公式戦初対決の2006年全仏以来9年ぶり。結果はナダルが5-7, 3-6, 1-6のストレートで敗れ、全仏では2009年のロビン・セーデリング戦以来6年ぶりの敗北。全仏通算2敗目となり、連続優勝記録は5連覇でストップした。6月8日のランキングでは10位に下降。世界ランク10位以下になるのは2005年4月18日以来約10年2か月ぶり。, 6月のメルセデス・カップでは決勝でビクトル・トロイツキに勝利し、5年ぶりに芝でのタイトルを獲得する。しかし、エイゴン選手権では初戦でドルゴポロフに敗れ、迎えたウィンブルドン選手権では2回戦でダスティン・ブラウンに敗れ、ウィンブルドン選手権で4年連続で世界ランキング100位以下の選手に敗れることとなった。, 7月のドイツ国際オープンでは決勝でシーズン2度敗れたフォニーニに勝利し、シーズン初のヨーロッパでのクレーコートでのタイトルを獲得した。10位だったランキングも8位まで戻し、またレースランキングでも6位につけるなど、復調の兆しも見せる。しかし、ロジャーズ・カップでは準々決勝で錦織圭に2-6, 4-6で完敗、シンシナティ・マスターズでは3回戦でフェリシアーノ・ロペスに敗れた。, 全米オープンでは3回戦でフォニーニに6-3, 6-4, 4-6, 3-6, 4-6で敗れた。フォニーニに敗れたのは今季3度目、ハードコートでは初敗北となった。チャイナ・オープンでは準決勝で再びフォニーニと対戦し、7-5, 6-3で勝利、決勝でジョコビッチに2-6, 2-6で敗れた。上海マスターズでは準々決勝でワウリンカに6-2, 6-1で勝利し、ハードコートのマスターズでは約1年7か月ぶりに準決勝進出。準決勝でジョー=ウィルフリード・ツォンガに4-6, 6-0, 5-7で敗れた。, スイス・インドアでは、決勝でフェデラーに3-6, 7-5, 3-6で敗れた。フェデラーとの対戦は2014年全豪以来約2年ぶり、決勝では2013年5月から約2年半ぶり、敗北したのは2012年インディアンウェルズ・マスターズ以来のことである。BNPパリバ・マスターズでは準々決勝でワウリンカに6-7(8), 6-7(6)で敗れた。ATPワールドツアー・ファイナルズでは初戦でワウリンカを6–3, 6–2で破ると、第2戦でマリーを6-4, 6-1で圧倒し、復活を印象付けた。準決勝ではジョコビッチに3-6, 3-6で敗れた。年間最終ランキングは5位。, 年初のカタール・エクソンモービル・オープンでは、決勝で1-6, 2-6という一方的なスコアでジョコビッチに敗れ準優勝。全豪オープンでは初戦でベルダスコに6-7(6), 6-4, 6-3, 6-7(4), 2-6で敗れた。初戦敗退は全豪では初、グランドスラム全体でも2013年ウィンブルドン以来2回目。2月のアルゼンチン・オープンでは準決勝でドミニク・ティームに、リオ・オープンでは準決勝でパブロ・クエバスに敗れた。, 3月のBNPパリバ・オープンでは準々決勝で錦織圭を6-4, 6-3で破り、当大会3年ぶりに準決勝進出。準決勝でジョコビッチに敗れた。マイアミ・オープンでは初戦のダミル・ジュムール戦を途中棄権した。4月のモンテカルロ・マスターズではティーム、ワウリンカ、マリーを破り、3年ぶりの決勝進出。決勝でガエル・モンフィスと対戦し7-5, 5-7, 6-0で勝利し、マスターズで2年ぶり、同大会4年ぶり9回目の優勝を果たした。翌週のバルセロナ・オープンでは3年ぶりに決勝進出を果たし、決勝で錦織圭に6-4, 7-5で勝利し、3年ぶり9度目の優勝を果たす。5月のマドリード・オープンでは準決勝でマリーに敗れた。翌週のBNLイタリア国際では準々決勝でジョコビッチに敗れた。全仏オープンでは2回戦でファクンド・バグニスに勝利し、グランドスラム200勝目を挙げる[5]。しかし、3回戦を左手首の怪我のため棄権した[6]。ナダルが全仏で2年連続で優勝できなかったのは自身初であった。全仏後の世界ランキングで2015年5月10日以来1年1か月ぶりに4位となった。しかし、左手首の怪我のためにウィンブルドンを含む芝シーズンの大会を欠場した[7]。, リオ五輪で復帰を果たす。スペイン選手団の旗手を務め、ダブルスではマルク・ロペスと組んで決勝に進出。決勝でルーマニアのメルジャ/テカウ組に6-2, 3-6, 6-4で勝利し、金メダルを獲得した。シングルスでは準決勝でデルポトロに7-5, 4-6, 6-7(5)で敗れた。3位決定戦では錦織圭と対戦。第2セットでは2-5の劣勢から2度ブレークしセットを取るも、2-6, 7-6(1), 3-6で敗れた。, 五輪翌週のシンシナティ・マスターズでは3回戦でボルナ・チョリッチに敗れた。全米オープンでは4回戦でリュカ・プイユと4時間を超える激戦の末、1-6, 6-2, 4-6, 6-3, 6-7(6)で敗れた。チャイナ・オープンでは準々決勝でグリゴール・ディミトロフに、上海マスターズでは初戦でビクトル・トロイツキに敗れた。上海マスターズでの初戦敗退後、左手首の怪我のリハビリのため、残りシーズンの欠場を表明した[8]。, 復帰戦となる年初のブリスベン国際では準々決勝でミロシュ・ラオニッチに敗れた。全豪オープンでは準々決勝でラオニッチに、準決勝でグリゴール・ディミトロフに6-3, 5-7, 7-6(5), 6-7(4), 6-4で勝利し、グランドスラムでは2014年全仏オープン以来の決勝進出を果たす。決勝ではロジャー・フェデラーとグランドスラムでは2014年全豪オープン以来、グランドスラム決勝では2011年全仏オープン以来となる対戦。4-6, 6-3, 1-6, 6-3, 3-6で敗れ、準優勝となった。, 2月のメキシコ・オープンではサム・クエリーに屈し準優勝。3月のBNPパリバ・オープンでは4回戦で再びフェデラーと対戦し、2-6, 3-6で敗れた。続くマイアミ・オープンでも決勝でフェデラーと対戦し、3-6, 4-6で敗れて準優勝となった。, 4月のモンテカルロ・マスターズでは決勝で同じスペインのアルベルト・ラモス=ビノラスに6-1, 6-3で勝利し、2017年シーズン初優勝となるモンテカルロ通算10回目の優勝を果たし、同時に通算70勝、さらにギリェルモ・ビラスを抜いて単独1位となるクレー通算50勝を達成した。 その後バルセロナ・オープンとマドリード・マスターズでは、ともに決勝でドミニク・ティームを破り優勝。しかし続くBNLイタリア国際では第8シードのティームにリベンジを食らって準々決勝敗退となった。そして迎えた全仏オープンではティーム、スタン・ワウリンカなどに勝利し、全試合ストレート勝利、失ゲーム数35という脅威の試合運びでグランドスラム史上初の同大会ラ・デシマ(スペイン語でV10)を達成。, ウィンブルドンでは第4シードから順当に4回戦まで勝ち上がり、第16シードのジレ・ミュラーと対戦。2セットダウンから追いつく粘りを見せるも、最終セットで接戦の末13-15と敗れ、準優勝した2011年以来のベスト8進出を逃した。, ロジャーズ・カップでは世界ランク2位ながらアンディ・マリーの欠場により第1シードで参戦。3回戦で地元カナダの新星デニス・シャポバロフ相手に敗退。しかしマリーに加え世界ランキング3位のフェデラーが次のウエスタン・アンド・サザン・オープン欠場を表明したため、3年ぶりの世界1位復帰が確定した。その大会では準々決勝でニック・キリオスに敗れた。そして全米オープンは、2014年全仏オープン以来となるグランドスラム第1シードとして出場。準々決勝で若手アンドレイ・ルブレフを6-1, 6-2, 6-2で一蹴すると準決勝では、2009年の同大会覇者であり準々決勝でフェデラーを破ったフアン・マルティン・デル・ポトロと対決し、これを4-6, 6-0, 6-3, 6-2で撃破。決勝ではケビン・アンダーソンを6-3, 6-3, 6-4のストレートで倒し、今シーズン2度目となる16度目の四大大会制覇を果たした。ハードコート大会での優勝は2014年開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン以来約3年8か月ぶりのことであった。, 全米優勝後初の大会はこの年初開催となったエキシビションマッチであるレーバーカップ。長年のライバルのフェデラーとダブルスを組んでファンを沸かせ、またシングルスでも1勝を記録して欧州選抜チームの優勝に貢献した。アジアシリーズではまずチャイナ・オープンに参戦。準決勝では昨年の同大会で敗れたディミトロフに勝利すると、決勝でキリオスに6-2, 6-1で圧勝し12年ぶりに優勝した。続く上海マスターズでは準々決勝で再びディミトロフを、準決勝でマリン・チリッチを破って2週連続の決勝進出。しかし決勝ではシーズン4度目の対戦となったフェデラーにまたしても敗れた。, スイス・インドアは上海から続く膝の状態悪化により欠場。しかし続くBNPパリバ・マスターズで復帰すると2回戦で鄭現を下し、30代選手としては初となる年間最終ランク1位を確定させる。その後3回戦にも勝利したものの準々決勝を前に棄権した。, 2年ぶりの出場となったATPファイナルズでは、ティーム、ディミトロフ、ダビド・ゴファンと同じグループに入った。初戦でゴファン相手にマッチポイント4本を凌ぐも、6-7(5), 7-6(4), 4-6のフルセットで敗れ、その後膝の負傷を理由に同大会からの棄権を表明した。, 2017年シーズンに負傷した足の状態が心配される中の出場であったが、全豪オープンでは順当に勝ち上がり、4回戦でディエゴ・シュワルツマンを破り準々決勝に進出。しかしマリン・チリッチとの試合ではセットカウント2-1とリードした第4セットで足を故障し、必死のプレーを見せるが第5セットを0-2とリードされた時点で棄権しベスト8となった。またその負傷が長引いたことにより、出場を予定していたメキシコ・オープン、BNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンの3大会を辞退し、春の北米ハードシーズンはスキップすることとなった。その間にロジャー・フェデラーに一時的に世界ランキング1位を奪還されたものの、フェデラーのポイント失効によりマイアミ終了後に5度目のランキング1位となる。, デビスカップ準々決勝のドイツ戦で復帰し、フィリップ・コールシュライバーとアレクサンダー・ズベレフを破って順調な滑り出しを見せる。モンテカルロ・マスターズでは錦織圭を6-3, 6-2のストレートで破りマスターズ1000シリーズ単独1位となる31勝目を飾った。続くバルセロナ・オープンでは決勝でステファノス・チチパスを6-2, 6-1のスコアで圧倒しモンテカルロに続くウンデシマ(スペイン語でV11)を達成。マドリード・オープンでは、3回戦でシュワルツマンに勝利し、クレーコートでの連続セット取得を50として、1984年にジョン・マッケンローがカーペットコートで打ち立てた同一サーフェスの連続セット取得記録を34年振りに更新した。しかし続く準々決勝のドミニク・ティーム戦で第1セットを奪われ、奇しくも昨年ローマで同選手に敗れて以来続いていた記録がストップすると、そのまま第2セットも落としてストレートで敗北。再びフェデラーに世界ランク1位の座を譲ることとなった。1週間後のローマ・マスターズでは、準々決勝で地元イタリアのファビオ・フォニーニと対戦。2015年には1年間で3度の敗戦(うち2つはクレーコート)を喫したこともあるフォニーニに苦戦を強いられたものの、逆転で撃破してベスト4進出を果たす。準決勝で長年のライバルであるノバク・ジョコビッチに対して通算25回目となる勝利を収め決勝進出。決勝では連覇を狙うA. !」』(KCNファミリーチャンネル)にレギュラー出演。また、過去には『大阪☆春夏秋冬≪カタヤブリ≫』(KawaiianTV)にメインMCとして出演していました。, 大阪☆春夏秋冬との生放送番組kawaiianTV 「カタヤブリ」今日で僕たちのMCは最後でした。7ヶ月間最高に楽しかったです。またどこかで!#スタッフさん#来てくれたお客様#しゅかしゅんのみんな#本当にありがとうございました pic.twitter.com/tk2X1ajncW, ナダルさん個人の活躍を挙げると、2016年7月23日公開のアニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』でモーキンの声を務めました。, また、CMでは『UQコミュニケーションズ』のCM『ナダルの悩み篇』などに出演しています。, ナダルさんは、2017年2月4日放送のバラエティ番組『スキマ会見~巷にうずまくウワサや疑惑の真相を釈明いたします!~』(AbemaTV)で、自身の最高月収が450万円だったことを明かしています。年収換算すると5400万円相当です。, 同番組でナダルさんは「『キングオブコント2015』で優勝して、見る景色が360度変わった」とコメントしています。, ナダルさんの人気の秘訣としてよくいわれるのは「ナダルさんの性格・言動が変わっている」や「普通の人の価値観では思いつかない行動を取る」といったもの。そういった意外性が人気の理由なのではないでしょうか。, ナダルさんは相方の西野創人さんとともに番組に出演することが多いですが、最近では単独で出演することも多いです。, 2016年3月15日放送のクイズバラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演したナダルさん。, ナダルさんの自宅は中目黒駅から徒歩で30分近くかかる場所にあるものの、後輩芸人に「中目黒に住んでいる」と見栄を張っていたことを明かしました。, 確かに中目黒の周辺に住んでいることには違いありませんが、番組でナダルさんは「中目黒に住んでいるといったらダメ」といったツッコミを受けています。, ナダルさんは2016年9月1日に放送されたバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演した際、お笑いコンビ・バンビーノの藤田裕樹さんに合コンでのエピソードを暴露される一幕がありました。, ナダルさんは合コンの場で女性に対し「整形してるんやんな」などと平気でズバッといってしまうことがあるそうで、結局その女性は帰ってしまったそうです。, ナダルさんは先述のように既婚者であり、奥さんとは2018年11月22日に入籍しています。, 奥さんにまつわるエピソードとして、なんと奥さんはナダルさんと付き合っている時に年齢をサバ読みしていたそうです。, 結婚直前、奥さんの実年齢は40歳であったにもかかわらず、奥さんは自身を27歳と、13歳も年齢をサバ読みしていたといいます。, 2018年11月25日放送の情報・ワイドショー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、レギュラーコメンテーターの松本人志さんがナダルさんの実家にある『イナバ物置』に関するエピソードを明かしました。, 松本人志さんによると、ナダルさんは実家の物置の中をかたくなに見せようとしないのだそう。松本人志さんは「カメラを止めた状態でも見せないんですよ」と明かし、「ちょっとホラーな感じ」と表現して笑いを誘っています。, コロコロチキチキペッパーズは今や中堅コンビとして活躍しており、ナダルさんは現在、単独での活動も多くなってきました。, 今後ともナダルさん、西野創人さんともに、ファンをこれまで以上に笑いの渦に巻き込んでくれることでしょう。, 人気料理評論家が監修の『おつまみおせち』に感激 フタを開けると…「コレはたまらん!」[PR], 「生きてる意味って何?」 カズレーザーの回答に「目からウロコ」「心が軽くなった」の声, SHELLY、性行為をめぐる『間違った常識』に苦言 称賛の声相次ぐ 「セックスは権利じゃない」, 小池徹平が三浦春馬とのツーショットを公開 「思わず涙が…」「最高の写真をありがとう」, デヴィ夫人、発言をブログで謝罪 「偏見なくして」「許せないけど、気持ちは分かる」などの声, grape(グレイプ)は、日常で見落としがちな出来事や話題のニュースを、独自の視点で切り取ってお届けするウェブメディアです。, 当ウェブサイトに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。, コロコロチキチキペッパーズ 西野(@korochiki_nishino)がシェアした投稿, 人気料理評論家が監修の『おつまみおせち』に感激 フタを開けると…「コレはたまらん!」.

美空ひばり 享年, 錦織圭 妻, アップルウォッチ 最新, ワークマンプラス レディース, Uqモバイル Iphone Se 128gb, 一人暮らし ベッド おしゃれ, カウチソファ カバー 手作り, ウィッチャー3 Fps 無制限, 宝くじ ロトハウス, 無印 テレビ台, 仕合う 意味, 津田寛治 仮面ライダー, 大坂なおみ 世界ランキング 推移, 地震速報 2ch, 宝くじ売り場 町田, パチンコ新台 噂 2020, 5人組 グループ 日本, シモンズ クイーンサイズ 寸法, デヴィ夫人 クレンジング, テーブル へこみ補修, オットマン ソファ, ヤマダ電機 下取り パソコン, 宝くじ 当たる 売り場 印西, 僕のヒーローアカデミア 動画, 宝くじ 自動購入 当たる, テーブルマット 透明 おすすめ, カリモク テレビボード キャンバス, 選ばれる女になりなさい 英語, オクトパストラベラー 効率, 格安sim キャンペーン Iphone, 北島三郎 次男, 北島三郎 まつり Mp3, ディノス 食器棚 引き取り, 音楽チャンプ 菅井 泣く, 隕石 拾い, 子供 ユーチュー バー うざい, 中森明菜 ファンクラブ, メサイア タピオカ, カリモク ダイニングチェア 座り心地, Simフリー ルーター ソフトバンク, 社交界 ドレスコード, サイバーパンク2077 Gog, プレジール 袋町, フレッツ光 強制解約, ルパン 新台 スペック,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です