南海トラフ地震 沖縄


安政南海地震(あんせい なんかいじしん)は、前回の安政東海地震の32時間後の1854年12月24日発生した南海トラフ地震で、死者は数千人とされています。震源域は南海トラフの西側半分、紀伊半島付近から四国の沖にかけてと推定されています。

トラフ地震による沖縄県内の津波浸水想定図(外部サイトへリンク), 作成の手引き(令和元年7月31日改訂)(PDF:489KB), 対策計画等の作成例(PDF:251KB), 対策計画等の作成例(ワード:32KB). 【南海トラフ級】沖縄県でm9.0の巨大地震が起きたらどうなるかシミュレーションしてみたの情報ですが、私は阪神大震災に被災しましたから地震には気を使っています。また、2000年代に宮城県仙台市に住んでいたこともあり、2011年の東日本大 南海トラフ地震防災対策推進地域とは 法第3条の規定により、沖縄県内では次の16市町村が「南海トラフ地震防災対策推進地域」(以下「推進地域」という。)に指定されています。 東南海地震(とうなんかいじしん)は、紀伊半島沖から遠州灘にかけての海域(南海トラフの東側)で周期的に発生するとされている海溝型地震。 規模は毎回m8クラスに達する巨大地震で、約100年から200年周期の発生と考えられている。 東南海大地震(とうなんかいだいじしん)とも呼称される。 日本だけでなく世界中の地震観測データを日々分析し、微弱な震動や噴火等から「来る大地震」を予測してきた著名な地震研究家から、本誌・週刊ポスト記者に緊急メールが届いた。神奈川県の三浦半島で、巨大地震の兆候が現われたのだという。, 6月4日、三浦市や横須賀市で、異臭を訴える119番通報が夜8時から2時間ほどの間に150件以上寄せられた。, 「“ゴムが焼けるような匂いがする”という声が多かった。気分が悪くなり緊急搬送された方も1人おられます。火災の危険があるかどうかを調べたのですが、結果として都市ガスの漏れなどは検知されず、原因不明のまま調査は終わっています」(横須賀市消防局指令課), この異臭について「巨大地震の前兆の可能性がある」と警鐘を鳴らすのが、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授で地震学者の高橋学氏だ。, 地形変動や気候変動の知見から20年以上にわたり地震を研究してきた高橋特任教授は、2016年10月に阿蘇山が36年ぶりとなる爆発的噴火をした際、その1年以上前から九州地方の火山活動の活発化を察知、メディアで警告を発し続けた人物である。, 「1970年代に大阪市立大学の研究チームが岩石に人工的な圧力をかけて破壊する実験を行なった際、こげくさいような独特の匂いが発生することが確認されており、現在では地震発生前や斜面崩壊前に確認される現象として知られています。1995年の阪神・淡路大震災が発生する数か月前にも、神戸市東部でこのような異臭が確認されました」, 高橋特任教授によれば、大地震は突然起きるわけではなく、本震が発生する数か月ほど前から地盤が割れたり、プレート同士が密接している部分(固着域)が剥がれたりといった現象が水面下で進行しているという。, その上で、今回の異臭騒ぎが三浦半島を支えるプレートの異変を示している可能性を指摘する。, 「三浦半島や東京湾を挟んで対岸にある房総半島南部の周辺には活断層が多く、東京湾口には『相模トラフ』が存在します。相模トラフは北米プレートの下にフィリピン海プレートが潜り込む形で摩擦により固着しているのですが、フィリピン海プレートによる圧力が強くなると、固着域が剥がれていき、それに伴い岩石が崩壊する。それが今回の異臭騒ぎの原因となった可能性があるのです」, この1~2か月、各地で地震が頻発している。5月20日から22日にかけて、東京湾を震源とする地震が7回発生。中部地方では4月22日から5月13日にかけて長野・岐阜の県境を震源とする地震が88回発生し、福島県沖や茨城県沖、千葉県北東部、四国の紀伊水道などでも5月以降、震度4を超える地震が頻発している。, 6月16日には千葉県南部を震源とするマグニチュード4.2の地震が発生した。気象庁の統計によれば、直近1か月(5月14日~6月14日)の全国の地震発生回数は211回。1~2月の2か月間で発生した地震は計219回で、急増は顕著だ。, 「とくに茨城から西日本にかけて多発している地震は、全てフィリピン海プレートの影響で起きていると考えられます。その最中に三浦半島で異臭騒ぎが起きたので、警戒心が一層強まりました」, そう語る高橋特任教授は、一連の地震や異臭騒ぎが、懸念されている「南海トラフ地震」の兆候である可能性を指摘する。, 「政府が『30年以内の発生確率70~80%、想定死者数32万~33万人』と予想する南海トラフ地震ですが、私はフィリピン海プレートが影響する地震は全て連動する可能性があると考えています。西日本の南海トラフだけでなく、相模トラフ、そして沖縄トラフが全て連動した超巨大地震『スーパー南海地震』が起きる可能性があるのです。, この地震が発生した場合、私が東日本大震災のデータをもとに計算したところ、47万人以上の死者が出る。引き続き各地の揺れを分析し、警戒を強めていくつもりです」, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります.

三浦半島で謎の異臭 「南海トラフ地震の予兆か」と地震学者 2020/06/19 11:05 子育て女性、仕事復帰に遅れ 宣言解除後、負担集中が継続か 富士山ニニギさん(311を予言し的中)の昨日の日記よりシェアさせて頂きました。[mixi] 富士山ニニギさん | 南海トラフが危ない。沖縄を巨大地震がおそうか… 東南海地震(とうなんかいじしん)は、紀伊半島沖から遠州灘にかけての海域(南海トラフの東側)で周期的に発生するとされている海溝型地震。規模は毎回M8クラスに達する巨大地震で、約100年から200年周期の発生と考えられている。東南海大地震(とうなんかいだいじしん)とも呼称される。, 最新のものは、1944年(昭和19年)12月7日に、紀伊半島南東沖を震源として発生したものであり、元来「東南海地震」はこの昭和東南海地震を指す名称であった[1]。この地震により、遠州灘沿岸(東海道)から紀伊半島(南海道)に渡る一帯で被害が集中したために「東南海」と呼ばれるようになり、現在では過去の同地域の地震についても東南海地震と呼ばれるようになっている。東海地震や南海地震と発生がほぼ同時もしくは時期が近いなど連動する場合があるが、震源域が異なっており別の地震に区別される(詳細は後述)。, 南海トラフ沿いの地震の震源域は5個のセグメントA(土佐湾沖)、B(紀伊水道沖)、C(熊野灘沖)、D(遠州灘沖)、E(駿河湾沖)に分けられ、それぞれにアスペリティが存在するとされる。さらに紀伊半島沖で東西の領域に二分され、西側は南海地震震源域(A, B)、東側は紀伊半島沖から浜名湖沖にかけての東南海地震震源域(C, D)、浜名湖沖から駿河湾にかけての東海地震震源域(E)に分けられる。なお、南海トラフのE領域部分については駿河トラフとも呼称される。, これまでの歴史地震の記録から、全ての領域(A, B, C, D, E)でほぼ同時または短い間隔で地震が発生する東海・東南海・南海地震(南海トラフ巨大地震)と考えられているケースが複数回ある。また、紀伊半島沖より東側の領域に限れば、東海地震の震源域まで延長される東海・東南海連動地震(C, D, E)の場合と、断層の破壊が浜名湖沖までにとどまったとされる東南海地震(C, D)の場合があった。すなわち東海地震単独発生の例は確かなものがなく、これまでの記録で東海地震とされてきたものは東南海地震を伴っていると考えられている[2]。このため、東海・東南海の区分(E領域のみを単独の「東海地震」として扱うこと)については不明瞭な部分もある。プレート境界と共に動く分岐断層は地震の毎に異なるため、繰り返し発生している地震であるが、年代毎に異なった個性を持っている[3]。, 2011年12月に発表された中央防災会議の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」の中間とりまとめでは、南海トラフ沿いで起きると想定される巨大地震の最大規模として、震源域が従来のほぼ2倍に拡大され、暫定値としてMw9.0が示された[4]。, ごく近い時期の発生であったものとしては、1944年(昭和19年)12月7日13時36分に、紀伊半島東部の熊野灘、三重県尾鷲市沖約20km(北緯33度8分、東経136度6分)を中心とする震源で発生した巨大な1944年東南海地震がある。「昭和東南海地震」または単に「東南海地震」と呼ばれることがある。この地震は1945年(昭和20年)の終戦前後にかけて4年連続で1000名を超える死者を出した4大地震(鳥取地震、三河地震、昭和南海地震)の一つである。, 東南海地震の震源域単独の発生が確かなものは上述の1944年の地震のみである。江戸時代に発生した地震は東海地震や南海地震と連動したと考えられているが、それ以前は諸説あり詳細は不明である[2][6]。以下に東南海地震が震源域として含まれていると推定されている過去の地震を示す。新暦は明応地震以前はユリウス暦、慶長地震以降はグレゴリオ暦で示している。マグニチュードは宇佐美(2003)による推定値であるが[7]古い時代のものは断片的な記録しか存在せず精度も低く、またモーメントマグニチュードではない。, 以下は、南海トラフ巨大地震が100-150年程度の再来間隔を持つとする定説の下、地質調査で推定された地震である。慶長地震は、地震調査研究推進本部による2001年(平成13年)時点の長期評価では、南海トラフの地震の系列に属すものと評価されてきたが[12]、遠地津波も否定できないとする見解や[13][14]、南海トラフの地震でなく伊豆小笠原海溝沿いを震源域とする見解も出されている[15]。, 当該地域を震源とする大地震は周期性があり、21世紀前半にも次の地震が発生する可能性が高いとされている。政府の地震調査研究推進本部の予測によると、2010年(平成22年)1月1日時点の発生確率は30年以内で60 - 70%、50年以内で90%程度以上とされている。, 内閣府の中央防災会議に設置された「東南海・南海地震等に関する専門調査会」では、地震とともに大津波の発生規模の予測と対応について調査を行っている。東南海・南海地震等とされているのは、過去の南海地震の発生時期が東南海地震と接近しており、両地震(加えて東海地震)が連動していると指摘されているためである(東海・東南海・南海地震参照)。, これらの地震により、富士山の噴火の原因になったと思われる事例がある(宝永地震・宝永大噴火)。, 2016年4月1日、三重県南東沖の深さ29kmのプレート境界を震源とするM6.5、最大震度4の地震が発生した[19][20][21]。東南海地震の想定震源域でM6以上のプレート境界型地震が発生するのは昭和東南海地震の余震が収まって以降初めてだった[22]。気象庁の地震予知情報課ではこの地震後、地震活動を注視していたが[22]、気象庁から公式に特別な情報が出たり記者会見が開かれたりすることはなかった。東海地震の予兆の可能性がある現象を観測したときには東海地震に関連する情報が発表されるが、東南海地震の震源域は評価対象ではなく、東南海地震に対して警戒を呼び掛ける仕組みもなく、発表されなかった[22]。, 2004年9月5日には三重県南東沖でM7.4、M7.1の地震(紀伊半島南東沖地震)が発生しているが、これはプレート内部の地震である。, 684年白鳳地震 - 887年仁和地震 - 1096年永長地震 - 1361年正平地震 - 1498年明応地震 - 1707年宝永地震 - 1854年安政東海地震・1854年安政南海地震 - 1944年東南海地震・1946年南海地震, 岡村浩、松田磐余、高橋博 『実録 安政大地震 その日静岡県は』 静岡新聞社、1983年, 松浦律子(2013):1605年慶長地震は南海トラフの地震か?、第30回歴史地震研究会(秋田大会), 石橋克彦、原田智也(2013):1605(慶長九)年伊豆-小笠原海溝巨大地震と1614(慶長十九)年南海トラフ地震という作業仮説、日本地震学会2013年秋季大会講演予稿集、D21‒03, 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(1944東南海地震 1945三河地震) -第1章 東南海地震の災害の概要-, 東南海地震(1944年)の津波断層を特定する物的証拠の発見 〜地球深部探査船「ちきゅう」による南海トラフ地震発生帯掘削計画の成果〜, 4月の三重県沖地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念も, 災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 平成19年3月(1944 東南海地震・1945 三河地震), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=東南海地震&oldid=80048235, NHK名古屋制作(放送番組):シリーズ 証言記録 市民たちの戦争「封印された大震災 愛知県半田市」.

Iphone Se 第一世代 ケース 100均, カバーリングソファ ニトリ, セイルチェア ハイバック, 増田俊樹 イケメン, メモリアル な 宝くじ 宝くじ 発売75周年記念くじ, ソファー 人気, 音楽チャンプ 審査員 死亡, アサシンクリード3 リマスター 中古, ヤマダ電機 レジ マニュアル, 緊急地震速報訓練 2020 東京, 家具ブランド 日本, タイバニ ジェイク 声優, 山田哲人 成績, ソネット 解約 電話, ソフトバンク ピッチャー ローテーション, ドリームジャンボミニ 841回, 白い 家具 キズ補修, コンビニatm 宝くじ, 新築 家具家電 費用 ローン, 原田将大 徳山大学 レスリング部, 新生活 家電 セット 激安, 大塚家具 照明カタログ, ハイバックソファ 4人掛け, ヤマダ電機 従業員数, シーリー ラッセル, アサシンクリード3 Switch 攻略, 尾崎 紀世彦, Uqモバイル 2台目契約, 南大沢アウトレット セール 2019, ホテル 休憩, デヴィ夫人 10, ユーチュー バー 2年後 なくなる, 縮退 英語, Ocnモバイル Iphoneセット, Mnp Line 機種そのまま, ヤマダモール ポイント つかない, カリモク ショールーム 多摩,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です